TECの製造工程、品質管理のご紹介。製造工場は、ISO 14001:2004審査登録し、環境問題への取り組みを積極的に進めています。

製造工程・品質管理

品質管理

プラスチック材料の受け入れから成形加工、製品検査、出荷まで一貫した管理をしています。
トレーサビリテイにより不具合の原因究明と対策に素早く対応ができ、お客様の不安を解消します。


製造工程

■押出成形技術

  1. 添加剤、安定剤、発泡剤、着色剤を風合わせた配合原料を押出機に入れます。
  2. 熱をかけられた配合原料は柔らかくなり、金型を通り必要な形状に押し出されます。
  3. 押し出された製品は冷却され固まります。
  4. 必要な長さに切断します。
  5. その後、様々な二次加工を施します。

製造工場は、ISO 14001:2004審査登録し、環境問題への取り組みを積極的に進めています


■押出成形品の特長

  • 複雑な断面形状をもつ長尺製品の連続成形が可能。
    ⇒ 均一性を持つ、量的に安定した品質の製品が得られます。
    ⇒ 商品の機能向上、デザイン展開に寄与します。
  • 用途に合せた樹脂の選択が可能。
    ⇒ 様々な物性や質感の製品に仕上げることが可能です。
発泡押出成形品断面イメージ図

■発泡押出成形品の特長

成形品に空気層を含む発泡押出成形品は下記の特徴があります。

  • 軽量化
  • 断熱効果
  • コストダウン
  • 加工性の向上

■成形の種類

異形押出成形には、さまざまな応用展開技法が有り、それらを用いて多方面に用途開発を行っております。

単色成形 一台の押出機で成形する方法
加飾方法
  • シートラッピング
  • 印刷、塗装
表面硬化成形 一台の押出機でダイ(金型)の構造により表面に硬度を付ける成形方法
多層・多色成形 数台の押出機を連結し、異樹脂を同時成形したり、表面の硬度向上を見出す成形方法
マーブル成形 主原料に溶融温度の異なる樹脂や、木紛、顔料を混入し、木質感を出す成形方法
株式会社TEC お問い合わせフォーム

〒101-0023 東京都千代田区神田松永町22-1 成瀬秋葉原ビル4階

営業時間:平日9:00〜17:30 定休日:土曜、日曜、祝日 TEL:03-3526-7035

COPYRIGHT©2012 TEC Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.